手続き-方法

加入者期間が15年以上の方

手続きの時期 受け取りの選択肢 請求の手続き
退職時(60歳未満) ①一時金を受ける ①請求手続きをする。 ※請求書は退職時に基金から送付します。
②一時金を受けずに繰下げ(※) ②手続き不要
退職後60歳になる又は60歳以降の退職時 ①一時金を受ける
②年金を受ける
①・②請求手続きをする。 ※請求書は60歳時(60歳以降に退職した場合は退職時)に基金から送付します。
③繰下げ(※)を継続する ③手続き不要
65歳になる ①一時金を受ける
②年金を受ける
①・②請求手続きをする。 ※請求書は65歳時に基金から送付します。

※「繰下げ」とは、加入者期間15年以上の方が、一時金を受けずに一定期間(1か月単位、最長65歳まで)おいておくことです。繰下げている期間は、年間3.5%の利子(繰下乗率)が付与されます。ただし、事業所が出版企業年金基金を脱退した場合は、繰下げすることはできません。

加入者期間が3年以上15年未満の方

  • 1. 受けられる選択肢
    ①一時金を受ける。一時金の一部だけを受けたり、繰下げをすることはできません。
    ②他の制度(※1)へ一時金相当額を移換(※2)し、将来年金として受ける。 ※1.他の制度とは、企業年金連合会、他の確定給付企業年金、確定拠出年金をいいます。 ※2.移換することができる期限は、加入者でなくなってから1年以内です。
  • 2. 手続きの方法
    退職等、基金の加入者でなくなったときに、基金から請求書を送付いたします。

加入者期間が3年未満の方

年金や一時金を受けることはできません。

※退職後、再就職先が「出版企業年金基金」に加入している会社の場合は、加入者期間が通算されます。再度退職した時点で3年以上となった場合は、一時金等の給付が発生します。

加入者期間が3年以上ある方が死亡したとき

以下の場合、遺族給付金を一時金でお支払いいたします。

  • ①加入期間中に死亡したとき
  • ②繰下げ期間中に死亡したとき
  • ③年金を受給中の方が保証期間内に死亡したとき

※加入者が死亡された場合は、請求書を送付いたしますので、ご遺族の連絡先をお知らせください。

年金額および一時金額の計算式