福祉給付金を受けるとき

請求は忘れずに!

 各種福祉給付金の請求期限は、その給付の事由が発生した日から2年以内となっておりますので、請求もれのないようにご注意ください。

結婚祝金

支給金額 30,000円
支給要件  加入者期間が1年以上ある加入者が結婚されたとき、支給されます。
 なお、退職などで加入者が資格喪失した後、3か月以内に結婚された方にも支給されます。
請求方法  「結婚祝金請求書(様式第1号)」に所定事項をご記入のうえ、事業主の証明を受け会社を通じて基金に請求してください。
 なお、退職後3か月以内に結婚された方は、結婚の事実を明らかにする事ができる証明書(戸籍謄本や婚姻届受理証明書等)を添付して請求してください。

児童就学祝金

支給金額 10,000円分の図書カード
支給要件  その年の4月1日現在において、加入者期間が1年以上ある加入者のお子さんが小学校に就学されたとき、支給します。
請求方法  「児童就学祝金請求書(様式第2号)」に所定事項をご記入のうえ、お子さんが就学されたことを証明する以下のいずれかの書類を添えて、就学される年の4月2日以降、基金に請求してください。
(1) 市区町村長から交付された「就(入)学通知書」のコピー
(2) 健康保険証の表面・裏面のコピー
(3) お子さんの生年月日を証明する戸籍抄本・住民票または、市区町村長の証明書

死亡弔慰金

支給金額 加入者期間3年未満・・・・・・・・・30,000円
加入者期間3年以上5年未満・・・・・50,000円
加入者期間5年以上10年未満・・・・・100,000円
加入者期間10年以上15年未満・・・・・150,000円
加入者期間15年以上・・・・・・・・・200,000円
支給要件  加入者が亡くなられたとき、加入者と生計を同じくしていた方(配偶者・子・父母・孫または、祖父母の順)に支給されます。
請求方法  「死亡弔慰金請求書(様式第3号)」に所定事項をご記入のうえ、事業主の証明を受け会社を通じて基金に請求してください。

遺児育英資金

支給要件  加入者期間1年以上の加入者が亡くなられ、死亡当時、加入者によって生計を維持されていた幼児及び学校教育法に基づく小学校、または中学校、もしくは高等学校及び高等専修(専門)学校に在学する者がいるとき、その者と生計を同じくする加入者であった者の配偶者または保護者に支給されます。
請求方法  「遺児育英資金請求書(様式第4号)」に所定事項を記入のうえ、戸籍謄本と家族全員の住民票を添えて、事業主の証明を受け事業所を通じて基金に請求してください。なお、高等学校及び高等専修(専門)学校に就学している生徒については、在学証明書または、学生証(身分証明書)のコピーを添えて請求してください。
 また、2回目以降の毎年9月の請求については、「遺児育英資金支払請求書(様式第5号)」に所定事項を記入のうえ、上記と同様の書類を添えて基金に直接請求してください。
 なお、2回目以降の3月に請求する場合には、添付書類は必要ありませんが、遺族に異動があったときは、戸籍謄本と家族全員の住民票が必要になります。
支給期間  加入者が死亡された月の翌月から支給事由の消滅した月(高等学校卒業)までとし、支給開始から60月を限度とします。支給月は3月と9月です。
支給金額
(月額)
幼児・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5,000円
小学校就学児童・・・・・・・・・・・・・ 7,000円
中学校就学児童・・・・・・・・・・・・・ 8,000円
高等学校・高等専修(専門)学校就学生徒・・10,000円