組織

組織図

健全な運営

基金は、事業を決定する議決機関として代議員会を設け、事業運営の執行機関として理事会を設け、さらに内部監査機関として監事を置くことが法律により定められています。
出版基金の事業計画や経理計画は、理事会を経て、代議員会の議決を経た後、すべての事業等を運営し、その結果は監事により厳正な監査を受けています。
また、基金業務を行う事務局として、事業所や加入者の記録管理と、年金や一時金給付等を担当する業務部門、会計と経理、総務、文書管理、広報、福祉事業等を担当する総務部門の組織を設け、日常の基金業務を行っています。